迷走なう?

無類のアニヲタです。アニメあれば生きてけます。あ、あとろりっこも。

スポンサーサイト

Posted by 夜明 迷 on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国BASARA JudgeEnd 一話感想[非常に酷いディスり在り]

Posted by 夜明 迷 on   0 comments   0 trackback


こんばんわ!
お久しぶりです。

今回は晴れてBASARAがアニメ化したってことで、
一話の感想をぼこぼこ書こうと思います!

タイトルにもつけましたが、
ディスりというか主にJE伊達への不満になってます。
随時表記はしますが、苦手な方は読み飛ばしてください。

それでは感想!いくよ!

まず最初に思ったのは
武田!やっぱりいっちゃん最初の陣営が武田なことに喜びを感じましたね。
いやぁのっけから殴り愛見られて私はもう本望でしたよ!

にまにましてたらすぐにタイトルが出ましたね!
けど....なんでかな、このタイトルの出し方なんか銀魂に似てるように感じたの、私だけですかね\( ・ω・)/


なんだかLast Partyまでの作画とがらりと変わっているとわたしの中で話題に。
なっているJEですが、
なぜ北条のじっちゃんはそこそこ作画良いんですかwwwwww

あと作画でいえば、かすがちゃん!
いやーかすがちゃんは作画よかったですねー
心持ち衣装の胸のあたりがより破廉恥になったような、なっていないような...
ともかくかすがちゃんの御御足わっほい!!あっみたっいつぅ〜〜〜
\(°∀° )/


そして
幸村「お館様っ、」

お館様「黙っておれ幸村ぁ!!!!!!」

幸村「まだ何も言っておりませぬぅ!」

ここ可愛くて死ぬかとおもた。それだけ。


話題その二↓

こじゅ氏顔の怪我薄くなってないっすか


最後に三成さん。
感想は、この人よく刀納めるなぁ....てゆか強すぎwwwチートかよー伊達主従フルボッコとか....やばすぎでしょ三成さん....
けど首元なんなのかしら?
正面から見たときの、首元なんなのかしら?




ここからJE伊達への不満。
と、これからの推察が入ります。




ボロ負けした伊達主従。¬伊達軍
つまり伊達はこじゅと自分をズタボロにしたという至極個人的な恨みで打倒石田を強く思います。

ここで少し先を見て見ましょう。
まず真田と石田の西軍同盟の時に
石田と真田はおそらくVSすることと仮定して、
次に同盟成立は決的事項なのでお流れ的に相打ちです。
すると、どうでしょう。
石田くんは伊達主従を瞬殺しましたが、真田くんはそのチート石田くんと相打ちです。
つまり真田くんは長年の好敵手であったはずの伊達くんよりも実は強いのではないかという疑惑が持ち上がりますよね?
それはこれまでの蒼紅のデフォを逸脱してはいませぬか。そもそも真田お館様居なくて駄目になってる最中ってことも忘れちゃいけないし、
それを言うなら秀吉様死んで迷走してるから三成も戦闘能力は小田原よりもわんちゃん更に高まってるよね。
いくら石田の中に自分見たからと言ったってそんな精神論では流石に勝てないっしょー。
と、なりますと?
3,4から入ってのアニメ初見さんとかからしたら
伊達より真田が強いんだなって思ってもおかしくないしゅちゅでござるよ。

うぅん、、、
そんなの蒼紅じゃないよねー....

ここで私が
JE伊達のこれからを推察すると

重症おった腹心のために
仇討ちで東軍参加

打倒石田なので真田<石田

俺の右目を傷つけた罪、償いな!!!!!!!
的なノリで石田に喧嘩ふっかけるならまだしも
おそらく家康に譲らせる未来が見えます
ので、その程度だったんですねっていう
中途半端筆頭。
そしてそれでもついていきますっていう甘甘な小十郎
なんかお流れ的に蒼紅対戦。(関ヶ原)
同じくお流れ的におとんVSおかん戦。
そろそろ準備は整った?じゃ、いっちょやりますか!ってどうせ佐助と戦わせるんでしょ?



ま、1話だけ見てここまでいろいろ不満出るって大丈夫なの?www

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://maigosan.blog.fc2.com/tb.php/50-9bf17c6a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。